target="_brank">http://tellshow.goemonburo.com/ DIY | ギターときどきDIYところによりパスタ

DIY、ときどきパスタ、ところにより野球

に、

ブログタイトルを変更しようかと悩んでます(笑)





さて、またDIYです(笑)

IMG_20140721_203411.jpg
今回は某事務所の下駄箱のオーダー。

またいつもの1820×910のパイン集成材を使って材をとります。

カットはいつもどおりカインズホームでやってもらいます。

置くところの幅が23cmしかないので靴を横にならべるようになっています。

ブーツが5足というオーダーでしたので、6足分入るようにします。

軽くサンディングをして組み立てます。










IMG_20140721_213944.jpg
段差があるので左右違う高さで2個の下駄箱をつくります。

下駄箱といってもスペースと予算の都合上棚みたいな下駄箱です。












IMG_20140721_210807.jpg
夏場はブーツ入れる必要がないので、可動式棚板を二枚つくります。

生徒にもらった簡易万力を使って2枚に張り合わせたところに穴をあけます。

計4箇所あけて棚板に溝を作ります。


柱側にはダボを差し込む穴をあけます。

ドリルで柱が貫通しないように、ここまで穴をあける目印としてマスキングテープを貼っておきます。















IMG_20140721_213917.jpg
高さもぴったり!

ぴったりすぎてちょっとびびったけど。。。


よくみないとわからないけど、木目の方向がちがうのが可動式棚板になります。

ほんとは全部同じ方向の木目にしたかったんだけど

予算の都合上一枚板からこういう風にしかとれませんでした。

時間もなかったので色は塗らなくていいとのこと。















IMG_20140721_213932.jpg
幅もぴったりんこ!!




















 

DIY 区切り 01:21 区切り comments(0) 区切り - 区切り

まんりき

さて、前々回のDIYブログで ”万力が必要だ”

みたいなことを書いたらなんと生徒さんから

DSC_0377.jpg

いただきました!!!

ありがとうございます!!!





正式名称はわかりませんが、

グリップをぐっと握っていくと固定されるという代物。



これがあれば棚板の溝堀りもうまくいきそうです。

さあはやく棚板に溝を掘らなくては。

棚板に溝を。

さあはやく。















 

DIY 区切り 23:53 区切り comments(0) 区切り - 区切り

トイレの収納 完結編

ひさびさのDIYブログ。

さすがにそろそろ作る物も、

作ったものを置くスペースもなくなってまいりました(笑)







さて、トイレの収納を以前に紹介しましたが

CA3G1726.jpg

トイレの右側にも収納が欲しい。

しかしながらタオルかけや水洗レバーやコンセントなどの障害物があって

頭を悩ませます。



悩ましいです。



いや、なまめかしいです。












背板、扉、横板など大きい板を

一枚のパイン集成材(182×91cm)から何枚もとろうとすると

どうしてもそれだけでは足りなくなっちゃうので

経費節減のために見えない背板や横板部分は

木材を張り合わせて一枚の板にしちゃいます。

DSC_0167.jpg

ドリルでネジの頭がはいる穴を途中まで空け、

奥までネジが届くようにし、板を張り合わせます。










さらに張り合わせがむずかしい箇所は斜めに長いねじくぎを打ち込み

DSC_0168.jpg

張り合わせます。












そして白のbriming waxを外側に塗って

DSC_0188.jpg

組み立て。










全部組み立ててからではトイレに入らないので

DSC_0190.jpg

3つの部分に分けて組み立てました。













まず下の部分を設置。

DSC_0191.jpg

扉はコンセントより上部分が開くようにして

コンセント問題をクリアー。









次に中央連結部分を

DSC_0193.jpg

こう入れて。。。












くるっと

DSC_0194.jpg

回転させて













設置。

DSC_0195.jpg

下側とネジでジョイントして。











さらに上側部分も設置し



木ネジでジョイント。

レバーもタオルかけもクリアー!!













ここで新兵器

DSC_0242.jpg

これをドリルの先にセッティングすると。。。







DSC_0243.jpg

せまい場所でも電動ドリルを使うことが出来るというすぐれもの。

しかも1000円!

安いっ!

もってけドロボー!





いや、もってかないで!












で、棚内側側面部に6ミリの穴を貫通しないように空けていきます。

rps20140505_224912.jpg

新兵器によって、せまいとこでもへっちゃらさ!

ほんとは組み立てる前にやるべきだったけどね。














棚板の下側にダボが入る溝をドリルでつくります。

DSC_0341.jpg

うーん、雑だな。。。

やっぱり万力が必要だな。

万力で二枚の板を挟んでそこにドリルで穴あけないときれいにいかん。

二枚の板を手で押さえてやってもうまくいかん。

次回やることがあれば万力をゲットしよっと。








で、気を取り直して

ダボをはめてそこに棚板をセッティングすれば

rps20140505_224958.jpg

可動式棚板収納が完成。










トイレの収納

DSC_0217.jpg

えくせれんと☆











 

DIY 区切り 17:36 区切り comments(0) 区切り - 区切り

ゴミでゴミ箱を作る

どうも。

たてつづけのDIYブログに飽き飽きしてるところだと思いますが

またDIYです(笑)






こないだ海辺を歩いていたらなんと

大量の木材が捨ててあるではないですか!!




「すいませーん、おじさーん、これもらってもいいですか?」

「いいよー、けどこの辺でたき火しちゃだめだぞー」






いやいや、たき火はしないんだけども。。。







ということで

DSC_0133.jpg

お持ち帰り。










ジョイントできるようになっていたので

DSC_0134.jpg

アロンアルファでジョイントし近くのホームセンターでカットしてもらい

やすりでやすって色塗って組み立ててちょうつがいをつけたら





。。。











できたー。









そして100円ショップで角材を購入し

DSC_0173.jpg

のこぎりでカットして木枠を作り












DSC_0176.jpg

ちょうつがいをつけて













DSC_0180.jpg

ゴミ袋をひっかけて












DSC_0181.jpg

セッティング












ゴミ袋が外に出なくてスッキリんこ。







ちょうど白いダンボールのゴミ箱が破れてきてて

ゴミ箱なんとかしたいと思ってた矢先のラッキー捨て木材。

材料費だけで言ったら300円くらいでできました。







ということで、これからDIYやりたいときは海辺を歩こう。












 

DIY 区切り 09:43 区切り comments(0) 区切り - 区切り

匠(てくみ)の下駄箱

どうも、最近テレビでビフォーアフターやってると

目が離せないテルイ、改めてくみです。





こちらが下駄箱中央部のbefore

CA3G1549.jpg

写真上側は元々の作りつけで、下側のあんまり写ってない部分です^^;

ちょっと見にくいですが突っ張り棒でカーテンをつけて目隠しし

100円ショップで売ってるシンクの収納などに使う

折りたためる台を重ねて靴を置いてました。





が、





急いで出かけるときに台がずれて靴が落ちそうになったりすると



「NO!」



ってときどき外人になったりするので

日本の心を取り戻すべく下駄箱を作ることにしました。




ただ結構スペースが広いので使う板を節約するために

外側は囲わずに棚に扉をつけて隠す

という裏技を繰り出すことにしました。








DSC_0169.jpg

まずはカインズホームでゲットしてカットしてもらった木をやすり、

マスキングテープを貼って見えるとこだけ白ワックスを塗りこみます。










艶出しブラッシングとふき取りをして組み立て

DSC_0141.jpg

裏側から見るとこんな感じ










DSC_0139.jpg

扉もつけて

ふたを閉めると。。。









DSC_0140.jpg

おおお、左右の扉が微妙に重なり合ってしまらーん!!!





そう、ふつうは棚板を切るときに長い辺を木目に沿ってとらないと

強度も弱いしあまりよくないんです

しかし1820×910mmの一枚の集成材で収めようとするあまり

その掟を破って長い辺は木目と90°に、短い辺を木目に沿ってとってしまったのです↓

DSC_0139.jpg

そのため棚板が少したわんで

横の寸法が少し短くなってしまったのです。







で、苦肉の策

DSC_0184.jpg

ドリルで支柱側に凹みをつくり、

そこにスライド丁番をセットし左右の扉の距離を微妙に離しました。










するとどうでしょう

DSC_0222.jpg

左右の扉の位置もばっちり、

WAXも重ね塗りして完成です!








DSC_0211.jpg

ぴろぴろぴろぴろ









DSC_0213.jpg

ぴろりーん。

ちなみに左下は傘が入るスペースがあるためこんな形になってます。






byてくみ








 

DIY 区切り 03:00 区切り comments(0) 区切り - 区切り

DIYブログ(?)へようこそ

今回のメニューは2品。

CA3G1727.jpg

一品めはこちらです。







先日用事のついでにカインズホームに寄って

木材購入、簡易設計図を渡してカットしてもらいました。

CA3G1716.jpg

どれがどれだかわかんなくなっちゃうので

簡易設計図に振った番号を板に貼っています。





が、






一枚寸法まちがえてるじゃーん!!





くぅ〜っ!!(川平ジェイではない。博多華丸でもない。)






けどわざわざ購入したカインズまで文句言いに行くのも遠いし

使わない切れ端の木材を切ってつなぎ合わせればいいか。。。

てことでうちから徒歩一分のホームセンターで切ってもらって

CA3G1718.jpg

木ネジでつなぎ合わせてやすりかけて一枚の板っぽくしました。








今回はトイレに収納を増やしたいので、

まわりの色に合わせてBRIWAXのライミングワックス(白)をチョイス。

CA3G1719.jpg

見た目もともとの木の色とそんなに変わってない気がしますが、

いいんです!!!(くどいようですが川平ジェイではない。もちろん博多華丸でもない。)

微妙に白いんです。






そんななかやはりやすりがけとワックスがけでだいぶ体力を消耗させられながらも

組み立てて、足をつける。

CA3G1724.jpg

これを置く場所にトイレの水道管があるので

手前側は板で水道管を隠し、裏側は足になってます。





そしてフォスナービットという

丸い穴をあけるためのドリルの先につけるものを購入(800円くらい)し

CA3G1721.jpg

穴を空けて







今回のメイン、初挑戦のスライド丁番をつける。

CA3G1723.jpg

扉側に穴を空けないといけないのに

まちがえて最初本体側面のほうに穴を空けてしまった。

ドンマイおれ。






そして切れ端で

CA3G1729.jpg

取っ手を作ってつけてトイレに設置したら。。。







CA3G1727.jpg

ぴったりんこ。





扉を開けて

CA3G1731.jpg

突っ張り棒を設置して






棚板を乗っけたら

CA3G1730.jpg

無段階の棚板付き収納に!






CA3G1732.jpg

扉が開く高さもばっちり!










さて、もう一品は既存のテレビ台の引き出しと扉を作ります。

もともと下の段はオープンスペースで中身がむき出し

CA3G1591.jpg

こんな感じ。





まずは引き出しの箱を組み立てて両側にレールをくっつけます。

CA3G1738.jpg

引き出しレールも初挑戦なのでちょっとドキドキ。





本体の両側面にも

CA3G1737.jpg

くっつける位置がわかるようにマスキングテープを貼り、レールを木ネジでとめます。





むむっ!!!(ほんとうにくどいようですが川平ジェイではない。ましてや博多華丸でもない。)

引き出しのレールと本体のレールの幅がうまく合わない!







とまぁ苦労しましたが

CA3G1739.jpg
なんとか入りました。





今度は引き出しの引き手を作るため

CA3G1734.jpg

フォスナービットでぐりぐり3つ穴を空けます。




やすりでなめらかにして3本指で開けやすいようにします。

CA3G1736.jpg





引き手を取り付けて、格子風のデザインをほどこして完成。

CA3G1746.jpg



左側は

CA3G1742.jpg

引き出し。




右側はふつうの蝶番とマグネットキャッチを使って扉を作成。

CA3G1743.jpg
びろーん

CA3G1744.jpg
びろろーん




というわけで、長々と読んでいただいてありがとうございました。

完成形をイメージして作り上げていく感じは

曲作りとちょっと似てるな。。。

と思う今日この頃。


























 

DIY 区切り 02:04 区切り comments(0) 区切り - 区切り

テヌイショウによるカゴのリメイク

さて、今日はわたくしテヌイショウによる

カゴのリメイクを紹介します。





以前帽子を入れていた300円ショップで買ったかご。

CA3G1696.jpg

帽子を入れていたときは中身が見えていたほうが良かったのですが

今回は中身を隠したい。










そこで以前もらった端切れを切ってかなり適当に手縫いします。

CA3G1684.jpg

意外と四隅と上辺を合わせるのに苦労しました(汗)










さらに100円ショップセリアで買ったランチョンマットの

CA3G1680.jpg

トリコロールが主張しすぎるので

裏に折って半分にして端っこだけ縫って(手縫いがめんどくさいので)

さらに麻紐を二箇所に縫いつけ

かごの後ろ側になる部分に結び付けます。

CA3G1683.jpg

こうすればホコリからも守れて、中の物を出すときも布が落ちなくてすむし

布を洗いたいときは麻紐をほどいて洗濯すればオッケー。










手前の上から見たらこんな感じ

CA3G1685.jpg

トリコロールのほどよい主張。









これを以前1000円ショップで買った棚にセットして

棚左側との境にセリアで買った

100円の仕切り(照明のポールにかくれて見えにくいけど)をセットすれば














CA3G1688.jpg

できあがりー。

まえより収納力もアップ!









ついでにセリアで買った100円の取っ手は

以前作った収納庫につけてみました。

CA3G1697.jpg

アンティーーっク!













 

DIY 区切り 20:58 区切り comments(0) 区切り - 区切り

あふれ出した帽子を収納すべく 匠は再び動き出した

beforeの写真を撮り忘れたので




 CA3G1668.jpg

いきなりafterの写真から。。。







帽子が増えすぎて収集つかなくなったので

帽子の棚が欲しい、そう思ったのでした。



そんな時、実家に帰ったときにカインズホームに寄ったら

90cm×180cmのパイン集成材が2480円で売ってるではないですか!!!

超安い!!!

DIYに興味ない人が聞いても全然感動ないけど、

超安い!!!






これはDIYの神様のお告げにちがいないやろ、

買うしかないやろ、って急に関西弁になるくらい興奮して購入し、

簡易設計図を書き、カインズホームでカットしてもらう。



一枚板からは支柱2本分しかとれなかったので

これも格安だったホワイトウッドの支柱を2本買い足して持ち帰る。

CA3G1659.jpg

さて。。。




まずはやすりで切り口をひたすらこする。

うー、棚板が12枚もあるのですんごい時間かかる(汗)




そしてマスキングテープを貼り

CA3G1660.jpg





BRIWAXを塗って乾かす。

CA3G1661.jpg

やっぱり棚板が12枚だからめっちゃ時間かかる(汗)






筋肉痛覚悟でブラシでこすって、拭きあげて、マスキングテープをはがしたら

CA3G1663.jpgCA3G1664.jpg

気持ちいーっ!

北島康介なみに。(古い)







CA3G1662.jpg

やすりでこすったので切り口もなめらかぁ~。






で、こっからやっと組み立て。

棚板一枚につき柱4本で、柱1本につき2本のネジで止めていきます。

ということは4×2×棚板12枚で。。。96本。。。

まあ電動ドリルがあるからたいしたことないでしょ。。。







あっ!!!






充電し忘れた(泣)






ということで半分くらいは自力で木ネジをねじこんだっていう。。。(大泣)








で、デッドスペースへすぽっっと設置したら。。。











CA3G1669.jpg

完成!!!





となりのワードローブと高さもばっちり。





ちなみに左側の微妙な隙間は左側のドアをあけるために必要なスペース。

しかし匠は収納力アップのために

CA3G1665.jpg

棚のよこがわにもフックをつけた。






するとなんということでしょう。














CA3G1681.jpg

帽子屋さんになっちゃいました。








DIY 区切り 22:10 区切り comments(0) 区切り - 区切り

冬休みDIY大作戦その1、スピーカースタンド。その2、収納庫。

さてまずはスピーカースタンド。



円柱を高さにあわせてカットして台座をくっつけるだけ。

 CA3G1595.jpg






初のWAX塗り。。。






CA3G1620.jpg

はい、できあがり。



んで

CA3G1623.jpg

はい、左右高さばっちり。






そしてスピーカースタンドのwax塗りが思いのほかうまくいったので

調子づいて収納庫にも挑戦。。。




今まではワードローブの脇のスペースに掃除機や長物類を置いて

布で目隠ししていたのですがどうもすっきりしないのでやったろー!。。っと。








まずは近所のホームセンターにどんな木材があるかをチェック。

そして自分んちにあるはぎれの板をチェック。

安くあげるために必要最小限の板しか使わないように

CA3G1646.jpg

簡易設計図を書いて




ファルカタ集成材を購入、そしてカット。

ま、ほんとはパイン材の方が見た目はいいんだけどねー。

CA3G1628.jpg CA3G1627.jpg

で、どこの板かわかるように設計図の番号を付箋で張っておいて。。。




爪のケア用にたくさんある、やすりを準備。

CA3G1626.jpg

こういうときギタリストでよかったって思うわ。って違うか。

けどよくみたらこんな荒いの爪にはほとんど使わないな。。。






で、切り口をサンドペーパーでごしごし。。。






そしてwaxを塗りこむ

CA3G1629.jpg

乾いたらブラシで艶出し。

その後布で拭きあげ。






そこから電動ドリルで組み立てて、

取っ手とちょうつがいと、マグネットキャッチをつける。

CA3G1632.jpg CA3G1631.jpg

マグネットキャッチがくっつきが強すぎるので、

少しずらして設置。



今回は掃除機をスムーズに出し入れするために床板をつけないので

マグネットが強すぎると扉を開けたときに収納庫が動いてしまう可能性があるんですな。






そしてついに

CA3G1633.jpg

完成!

って、こうやって見るとスカスカだなこりゃ。








だけど所定の場所に置いたら

CA3G1634.jpg

ばっちり。




掃除機類も

CA3G1637.jpg

ばっちり。






だけどwax塗ってないとこがさみしく見えてきて、

マスキングテープを使って模様をつけることに。






艶出し、拭きあげをして、マスキングテープをはがしたら。。。







CA3G1642.jpg

あらかわいい。
















DIY 区切り 18:57 区切り comments(0) 区切り - 区切り

小改造!微妙に劇的ビフォーアフター

玄関上部の下駄箱の横にデッドスペースがあったので

家に余っていた棚板を良き長さにカットして

 CA3G1550.jpg

『S』を作成。








匠はドア枠の上部からはめ込み

二本の突っ張り棒の上へセッティング。

CA3G1551.jpg

するとどうでしょう。

まったくのデッドスペースが収納スペースに!









CA3G1549.jpg

匠は上部下駄箱と下部下駄箱のあいだにも靴収納スペースを確保。

突っ張り棒を設置し、カーテンをスペースに合うようカットして縫い、

セッティングしてありました。






今回は木材も突っ張り棒も家にあったものなので、

木材カット代120円のみ。








さてと、こんな番組どうですか!?ってテレ朝に企画書持ち込もうっと。。。







DIY 区切り 23:59 区切り comments(0) 区切り - 区切り

<< + 2/3PAGES + >>