target="_brank">http://tellshow.goemonburo.com/ フォーカルジストニアによる指の不調のため演奏活動を当面の間休止します | ギターときどきDIYところによりパスタ

<< またまたまた本日 / main / 我が家にループステーションがやってきた >>

フォーカルジストニアによる指の不調のため演奏活動を当面の間休止します


しばらくライブ活動を休止させていただいておりましたが、

最近はヘブンライブもお休みしております。



その原因は音楽家の病気『フォーカルジストニア』による右手指の不調です。

以前ここのブログでも少しふれましたがこの病気の特徴は

 ・コンテストやコンクール前などのストレスのかかる状態で
  繰り返し同じフレーズ(特に以前は出来たはずのフレーズ)を練習しすぎると
  脳がミスディレクションをおこし、演奏時思い通りに指が動かなくなる。
 ・腱鞘炎とはちがい痛みは全くない(無理して弾き続けると腱鞘炎などの痛みを伴うこともある)
 ・演奏時のみ発症(進行すると普段の生活にも支障きたす場合もあるらしい)
 ・演奏をやめてしばらくしても症状がよくなることはない(らしい)
 ・人によって効果をあげている治療法やリハビリ方法もあるようだが
  安全で確実性のある治療法やリハビリはいまだに確立されていない
 ・この病気に悩まされている演奏家は意外と多いが、
  克服し演奏活動に復活している演奏家も少なくない。

といったことがあげられます。



ちなみに発症前の本来の右手のフォームは
  CA3G0140.jpg
こんな感じで、親指p、人差し指i、中指m、薬指aを使って弾きます。

しかし発症後は演奏時のみ意に反して右手親指が内側に曲がるようになってしまい、
またその影響により、意に反して人差し指が伸びるようになりました。




そこで右手親指の不調を気にかけながら指を壊す以前していた本来の弾き方を続けるよりも、
不調が気にならなずストレスも少ない新しい奏法で弾けば
演奏活動も続けられるし、悪化はしないのでは。。。という考えから新奏法での演奏を開始しました。

 


そしてこれまで指の状態が変わるたびに、不調をカバーすべく10数個の奏法を開発して

演奏活動を続けてまいりましたが、結果的に2段階悪化してしまいました。

無理をすれば今の段階でもまったく弾けないということはないですが

これ以上の悪化を防ぐためにも

これからの治療やリハビリ方法を考えていく上でも

本格的な演奏活動の休止が必要だと考えました。





というわけでしばらくの間ヘブンライブを含む演奏活動に関しては

当面のあいだ休止させていただきますので

何卒よろしくお願いいたします。




期間はどれくらいになるかわかりませんが

フォーカルジストニアに有効と思える、

そして自分が信じることができる治療やリハビリ方法をチョイスして実行していきます。




また、今後この経験を生かして生徒さんへの指導に役立てていきたいと思います。




ま、普段の生活にはまったく支障がなく動きまくるので^^

気長に。

気長に。




というわけで長々と読んでいただきありがとうございました☆






















フォーカルジストニア 区切り 17:31 区切り comments(6) 区切り - 区切り

Comment

なんと!そんなとは知りませんでした。
治療に集中してください。治ったらまた一緒にやりましょう!

うっし〜 区切り 2013/02/23 2:24 PM

はーい!ありがとうございます、じっくり治してまた一緒にお願いします〜☆

テルイショウ 区切り 2013/02/23 2:44 PM

もう隕石も落ちてこないようですし、CD聞いて
ゆら〜ゆらいつまででも気長に待ってます。
そしてまた生演奏よろしく!

ファンたち 区切り 2013/02/24 11:19 PM

隕石をよけながらゆら〜ゆらと復活をめざします。ありがとうございます☆

テルイショウ 区切り 2013/02/25 12:50 AM

ご様子
見守っておりましたが
思い切った決断
全面的に支持させていただきます

演奏活動をはなれる間に
沢山のイメージが湧き上がり
素敵な曲が生まれること必至ですね!

ファン達は気長です。
この局面を楽しんでください♪

hanasaka-bar 区切り 2013/02/25 9:55 AM

ありがとうございます☆
そう言っていただけると気が楽になりますね〜、楽しんですごします^^
イメージもモコモコ膨らましておきます!

テルイショウ 区切り 2013/02/25 10:47 AM

Submit Comment